« GoogleEarth for Mac | トップページ | 年賀状当選確認 2006リリース »

iBookG4とTH55のHotSync

モバイル営業マンさんがiBookG4とTH55のHotSyncで困っている様なので、
参考になるか分かりませんが、私の方法を書いてみます。

基本的にはマサトレさんのところの情報です。

iBookG4(Mac OS X 10.4.4)とClie PEG-TH55の環境は以下です。
接続手段:USBケーブル
ソフトウェア:iSyncとPalmDesktop4.2.1英語版(日本語対応処理済み)
Missing Syncは使用していません。

私としてはiCalとアドレスブックが使いたいのでiSyncをベースにしています。
メモ帳のみPalmDesktopを使っています。

↓以下準備作業(最初の一回だけやる作業)
----------------------------------------------------
■■■■ 1.PalmDesktop4.2.1英語版のインストールと日本語化 ■■■■

PalmDesktop4.2.1英語版をインストールします。
日本語化は
「PalmDesktopのパッケージ内のEnglish.lprojを複製してJapanese.lprojにリネーム」
という方法を手動で行いました。

今ならMac版Palm Desktop、Missing Syncに関するFAQにあるように、
FM わらじむしのムスティさん作の「PD Transer E to J」を使うのが便利かもしれません。
(私が日本語化した当時はPD Transer E to Jはまだリリースされていませんでしたので、私は未使用なのですが…。)

■■■■ 2.USB経由接続の設定ファイルの書き換え ■■■■

Clieを認識出来るようにPalmDesktopのtransports/USBの設定をちょこっと書き換えています。
これはマサトレさんの2004年5月7日の日記に書いてあった、
yamaの日記(2004-02-11)を参考にさせていただきました。

■■■■ 3.iSync Conduitのインストールと設定 ■■■■

あとはiSync2.0からPalm用のiSync Conduitをインストール後、
HotSync ManagerでiSync Conduitを有効にして、
「Enable iSync for the Palm device」
「This is a Japanese device」
の両方にチェック入れる。

----------------------------------------------------
↑以上で準備完了。

あとはTH55とMacをUSBケーブルでつないで、
TH55のHotSyncアプリケーションを起動して、
HotoSyncボタンを押せばHotSyncされます。

ただ、時々HotSyncが最初のところで進まない時があるのですが、
Clie側でキャンセルしてからMac側もキャンセルして、
再度Clie側からHotSyncさせるとうまくいくのであまり気にしていません。

こんな感じです。
参考になれば幸いです。

|

« GoogleEarth for Mac | トップページ | 年賀状当選確認 2006リリース »

コメント

こんばんは。
情報ありがとうございあます。
一つ質問があります。
>Clieを認識出来るようにPalmDesktopのtransports/USBの設定をちょこっと書き換えています。
とありますが多分

USBVendor
2096
USBProduct
361


USBVendor
1356
USBProduct
361

」を「info.plist」書き込むのだと思うのですが書き込む場所がわかりません。
適当なところでいいのでしょうか?
たびたびすみません、、、

投稿: モバイル営業マン | 2006-01-13 00:08

to モバイル営業マンさん

私の場合は一番最後に加えましたよ〜。
miっていうテキストエディタを使いました。

投稿: eye | 2006-01-13 01:24

ありがとうございます。
なんとか成功させます!

投稿: モバイル営業マン | 2006-01-13 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64780/8126034

この記事へのトラックバック一覧です: iBookG4とTH55のHotSync:

« GoogleEarth for Mac | トップページ | 年賀状当選確認 2006リリース »